商品情報にスキップ
1 12

Dry Bones

Hand Stitch Open Shirt

Hand Stitch Open Shirt

通常価格 ¥20,900 JPY
通常価格 セール価格 ¥20,900 JPY
50%OFF 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
COLOR
SIZE

DS-2698 Hand Stitch Open Shirt

Rayon 100%

GRAY は完売しました。
36サイズ は完売しました。

1940~50年代に大流行した、レーヨン無地のオープンカラーシャツを元に企画生産。

第二次世界大戦で圧倒的な戦勝国になったアメリカでは、多くの国民に余暇という概念が生まれ、スポーツをしたりリゾート地に行って寛ぐという過ごし方が増えました。

そういった時に「ネクタイをしない襟型のシャツ」が持て囃される様になってきました。その中でも人気だったのは「ひと手間かかった高級なシャツ」だったのです。

素材は当時最先端だった「人工的なシルク」といわれたレーヨン。

左右2つのポケットにはそれぞれフラップが付きました。

さらにそのフラップと襟には、ハンドステッチを模した飾りステッチが施されました。実際に手縫いでのハンドステッチが入っていたのは1940年代後期までで、その後は「ハンドステッチっぽいステッチを入れる刺繍ミシン」が開発されました。

結果的に大量生産できる様になり、1950年代には老いも若きも皆、男性はこの手のシャツを着る様になりました。

そんなさなか、1950年代中期にはロックンロールという音楽が生まれ、ウエスタンジャケットやリゾートジャケットのインナーにこのシャツがコーディネイトされる様になります。

斯くして、膨大な色展開を持つ無地のハンドステッチ・オープンカラーレーヨンシャツが量産されました。

この当時のモノを参考にしつつ、現代の日本人にも合う様にアレンジして企画。

当時は大量に生産する為に、縫製上の手間を省くべく左右の脇線巻き縫いを逆にしていました。「右前高左後高」といわれる縫製がそれに当たります。

こうする事で、重い素材のレーヨンを一度脇線を縫ったらミシンから抜いてさらに逆側を縫う、という手間が無くなりました。

ミシンの上で半回転させれば反対側の脇線に取り掛かれるのです。

また、襟やフラップは当時も袋縫いでした。これはステッチを入れない事でリゾーティでスポーティに見え、尚且つハンドステッチが活きる為です。

そして更に秘密をひとつ、書き出しておきます。

1950年代当時のこの形のシャツは、襟がまっすぐに伸びるロングポイントでした。ドライボーンズの襟型は、途中から微妙にカーヴさせ剣先で急カーヴを描きます。

こうする事でなで肩が多い日本人の体型をフォローしています。この襟型を作る為に、縫製工場で専用の金型まで作りました。

素材は当時のものと同じくレーヨンですが、より高級感・ドレープ感をアップさせる為にレーヨンツイル素材を選択。平織と違って綾織で重量もある為、しなやかなドレープが生まれます。

さりげない無地のシャツですが、ヒストリーは膨大で数多くのサンプルから研究を行い、実際に長い経験値を積み上げてきました。

珠玉の逸品を羽織ってみてください。

お支払いについて

クレジットカード決済
VISA・マスターカード・アメリカンエクスプレスがご利用可能です。

代金引換
代金引換手数料無料、弊社負担とさせていただきます。お荷物受け取り時に、ドライバーの方にお支払い下さい。現金、クレジットカードでのお支払いが可能です。

配送について

配送は全て、ヤマト運輸の宅急便で行っております。

<国内配送>
合計金額10,000円以上お買上げの方は送料無料

10,000円に満たない場合
・本州、四国:880円
・北海道、九州:1,100円
・沖縄:2,200円

<海外配送>
国外の方はEMSにて配送します。別途メールをお送りしますので、御確認下さい。

The service above is only in japan
For overseas We will send by EMS. Please check E-mail We will send details of delivery.

詳細を表示する